40代になって、小さな文字を読むのがつらいと感じるようになったら、それは「老視」の現れです。
まだまだ活躍しなければならない大切な目だからこそ、「老視」とも、上手につき合っていきたいものです。

40歳を過ぎたら
年に1度は精密な視力測定を!

老視のはじまる40代は、仕事に趣味に最も活躍できる世代でもあります。 それだけに情報の窓口である大切な視力は、いつもいい状態に保っていたいものです。
夕方から見にくい、目が疲れやすい、肩がこる、イライラする、集中力がない・・・。 こんなことを感じたら、お早めに専門家にご相談下さい。
40歳を過ぎたら、年に1度の定期的な視力測定をうけ、快適な視生活を送るように心がけましょう。


Q.近視の人は老視になりにくい?

A.近視の人も老視になります。

老視は目の調整力の衰えからくる生理的な現象で、近視や遠視、乱視に関係なく、40歳を過ぎると誰にでも同じように起こってきます。


Q.シニアグラスをかけると老視が早く進む?

A.老視は歳ととるとともに徐々に進行して行くもので、メガネとは関係ありません。

ですからシニアグラスをかけることをがまんしてつらい思いをするより、早めにシニアグラスをかけたほうが、目のためにも身体のためにもいいということがいえます。


Q.既製の老眼鏡ではいけませんか?

A.いろいろ試してみるとよく見えるメガネもあるかもしれませんが、そのメガネが必ずしもあなたに合っているとは限りません。

人間の目は左右の度数も違い、また目の中心とレンズの中心が合っていない場合は目が疲れるもとにもなります。 やはりきちんとした視力測定をうけ、あなたの目に合ったシニアグラスをつくりたいものです。

次のページへ


1/2

1
2

日本オプトメトリック協会
461-0001 名古屋市東区泉2丁目5番5号 PHONE: ( 052 ) 932-0610 FAX: ( 052 ) 932-0629
Copyright (c) [Japan Optometric Association] All Rights Reserved SINCE 1998.4.1